雑記を少々…


by planet_apple

DEH-P070ファーストインプレッション

DEH-P070を純正オーディオと交換した。AACが再生できること、“オート・インテグラルサウンドシステム(AISS)”を搭載していること、この2点がDEH-P070に決めた理由。CD TEXTやタグに日本語が使えること、小さなことだがバッテリー電圧表示機能が付いているのも嬉しい。
a0031424_19493541.jpg
フロントフェイス。大きく丸いやつがロータリーコマンダー。

a0031424_19494342.jpg
フェイスを開いたところ。フェイスは電動ではなく、ボタンでパタンと開いて手動でカチッと閉めるタイプ。

a0031424_19495181.jpg
左からアンテナ、フロント・リア・ウーファーのRCA出力、ハーネスコネクタ、IP BUS入力。

今まで純正オーディオばかりで、初めての社外オーディオ。若干期待しながらCDを再生してみると…

スゴい!純正とは比べ物にならない!

純正は、もろにドアスピーカーから鳴ってるな~って感じで、音の定位が足下。折角のツイーターも力を発揮してくれていない。ボリュームを上げてもただ騒がしいだけ、といった感じ。イコライザー調整できないので、メリハリのない音。

DEH-P070でリスニングポジションをドライビングシートに合わせると、音に包まれている感じ。スピーカーのないところからも音が聞こえ、きちんとステレオ効果を感じられる。イコライザーも数種類から選べ(もちろんカスタムもできる)、自分好みのメリハリのきいた音を聞くことができる。ボリュームを上げてみると、それこそメリハリのきいた色んな音が強調されて、より楽しめる。

特徴の一つであるAISSやその他の音質機能できちんと音場を設定したら、純正との差をますます感じられるだろう。どちらかというと、「車のオーディオなんてロードノイズや風切り音で、結局はいい音で聞くことはできない。だから純正で十分。」なんて思っていたが、自分の車で社外オーディオを体感して目からウロコが落ちた。純正との差があまりにもありすぎて、少しの投資でこうも変わるなら社外に変えた方がいいと思う。純正は所詮オマケ程度でしかないことを改めて思った。純正で満足されている方でも、騙されたと思って“いつも乗っている自分の車”で社外オーディオの音を聞いてみてはどうだろうか。
[PR]
by planet_apple | 2005-03-17 20:12 | クルマ