雑記を少々…


by planet_apple

FTPサーバ構築

仕事上で外部の人と大きなデータのやり取りをする事になり、メールでのやり取りだと現実的ではないので、いろいろと考えた結果FTPサーバでデータのやり取りをする事を思いついた。幸いディスプレイが無くて寂しそうなB&W G3(MacOS 8.6)が1台余っていたから、追加コストはLANケーブルのみ。

woodさんのMacで簡単!マイサーバを参考に、NetPresenz4.1JでFTPサーバを構築した。woodさんの説明が分かりやすく、NetPresenz4.1J自体の設定も簡単だったので、ネットワーク関係に疎い自分でもあっさりとFTPサーバが完成した。

早速、社内LANでテストしてみる。WinからもMacからも、きちんとアクセスすることができた。アップロードに関しては、Winからは正常にアップロードできるが、Macからは何故か失敗してしまう。来週にでも、もう一度共有設定やFTPクライアントの設定を確認してみることにして、とりあえず帰宅した。

外部からデータをもらうわけだから、家からもきちんとアクセスできるかテストをする。むしろ、社内テストよりもこっちの方が重要だ。「社内テストではアクセス出来たから楽勝-あれ!?繋がらない…。」何度繰り返しても同じ。どうやらアクセスをはじかれているようだ。何故だ…色々と考えた結果、おそらくルータが原因と思われる。ルータが外部からの不正なアクセスを防いでくれているんじゃないだろうか?ネットワーク関係に詳しい人は、サーバを構築する時に「そんな事はサーバを作る上で当たり前だよ」って感じで、ルータの設定もちょいちょいと変更してしまうのだろう。

さてと、ブラウザでルータの設定画面を開いたとしても、どこをどう変えたらよいものか全然分かんねーぞ!スキルアップの為にも情報を集めて勉強するか…。専門用語だらけで頭が痛くなりそう。ネットワーク管理者の人ってスゴい。
[PR]
by planet_apple | 2005-05-21 21:01 | デジタル