雑記を少々…


by planet_apple

<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

cocoapotrace

a0031424_16412424.gifUNIXのPotraceというソフトに使いやすいようMac OS XのGUIを備えたcocoapotraceという素晴らしいソフトは、結構前からあるのにあまり話題になることはない。何故だろう。Googleで検索をかけても数百ヒット程度。

cocoapotrace(Potrace)とは、BMPやJPGなどのラスターデータをベクターデータに変換してくれるフリーソフト。精度が高い上に、設定を変えて望む結果を得られ、さらにはバッチ処理も可能なので素晴らしい。

DTPをしている人で、このソフトを使うか使わないかで作業効率は雲泥の差。未使用の方は是非。「おぉ〜、すげぇ〜。」と驚かれること間違いなし。
[PR]
by planet_apple | 2006-05-31 16:45 | デジタル

テトリス中毒

a0031424_21462935.jpg

最近ヒマさえあれば『テトリスDS』でWi-Fi対戦ばかりやっている。
見知らぬ人との対戦が思いのほか熱いっ!止められない止まらないっ!
気付いたら1~2時間経っていてビックリする。やりすぎて生活に支障がでてきているので、いい加減セーブしなければ…!
[PR]
by planet_apple | 2006-05-12 21:46 | モバイル

確かにそうだろうけど…

Excite エキサイト : 社会ニュース

献血をしない理由は「針を刺すのが痛くて嫌だから」。

それはその通りだ。あと数回で100回の大台に乗るくらい献血に行っている自分でも、針を刺す時は痛い。献血する腕をやる度になるべく左右交互にして負担を減らしていても、針を刺した痕がかなり残っていて、さながらヤク中の様だ。

●そんなになるのに行くの?
●自分の時間を割いてまで行くの?
●痛いのに?
●何のメリットがあるの?

などと友人達からも言われるが、自分でも献血に行く理由とは…?

強いて言えば「偽善」かな。「俺は良いことをしているんだ〜」と。もちろん、血液を必要として困っている人がいるだろうから、という思いはある。しかし個人的には、血液センターのサービスは良いし、静かでリラックスできるし、血液検査の結果を自宅に送付してもらうプチ健康診断まで付いている等、それらを目的で行っているようなもの。友人達を含め、この「針を刺すのが痛くて嫌だから」と言った人達は、それらをメリットだとは思わないんだろうなぁ。

ただ、「針を刺すのが痛くて嫌だから」。

今は健康な人でも、いつかは人の血液を必要とする時がくるかもしれない。自分ではなくても、自分の大切な人が血液を必要とする時がくるかもしれない。それは針を刺す痛みの何倍もの苦しみかもしれない…。

このアンケートは献血経験者からも回答を得ているようだが、この経験者のうち何割が血液センターに行ったことがあるのだろうか?職場や学校に来たバスで献血をしたことがあるという人の方が多いのかな?献血未経験者はもちろん血液センターに行ったことはないだろうが、経験者も未経験者も血液センターに足を運んでもらいたい。若者やカップルが意外と多かったり、老若男女色んな人がいて結構面白かったりする。自分はバスの狭さに耐えられないのと、血液センターのリラックスできる空気が好きなので、血液センターじゃないと献血しない中途半端な献血者です。(笑)

一度、血液センターに行ってみるとクセになるかも?
[PR]
by planet_apple | 2006-05-10 15:48 | 日記